連続小説 濡れる倉庫
第42回

「ほら、こんなに糸引いてる」
奏の穴に指を入れると、
光沢のある糸が指についてくる。
「やだぁ、いやだぁ」
耳を塞いで現実から逃れようと。
しかし、快楽の渦に呑まれる奏。
ここまで何度もイった彼女の
女性器がひくひくしている。
そろそろだろう…
僕は場を立ち、ドアへと向かう。
「なら、もう許してあげるよ」
「ほんと…?」
希望の目を向ける奏。
そこに残酷に告げてやった。
「但し、ここの鍵を閉めて、
君を一人に閉じ込めるよ。」
   
  続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか無料版じゃリンクに繋げたくてもどうしようもできなさそうなのでこのリンク先を見てください。

概要



このホームページはJimdoで作成されました

Jimdoなら誰でも簡単にホームページを作成できます。レイアウトを選んだら、あとはクリック&タイプでコンテンツを追加するだけ。しかも無料!
Jimdo jp.jimdo.com であなただけのホームページを作成してください。